円形のセルフ糊切手(ラスアルハイマ他)

ラスアルハイマ(現在のアラブ首長国連邦の一部)では、1968年に円形のシール式切手を発行し、セルフ糊シールタイプの「変形」切手としては世界で2番目の発行国となりました。続く1969年には、世界最初の「四角形」セルフ糊切手を発行したイエメン王国からも、円形のセルフ糊シール切手が発行されています。


 

ラスアルハイマ


(紙製タトウ)

 

イエメン王国


 


  世界最初のセルフ糊シール切手(実逓カバー)へ    ダイヤモンドの切手へ 


  世界の変った切手たちへ戻る