コロンビア・書留切手

(Colombia,1865)

コロンビアでは、1865年7月に横131mm×縦67mm(実測値)の大きな書留切手を発行しました。これらの切手は"cubierta"(大きな布という意味)と呼ばれ、封筒の裏面に貼付されました。1879年には同じくコロンビアのトリマ州からも大きな書留切手が発行されました。

Colombia issued very large(131mm x 67mm) stamps for registered mail in July,1865. They are colled "cubierta"s and attached on the back side of the envelope. Tolima, State of Colombia, also issued large cubiertas in 1879.


 

コロンビア(Colombia,1865)
(131mm x 67mm)
     

(1870/1890)
     

(1905)
(150x82mm)
  

 

トリマ州(Tolima,1879)
(159mm x 70mm)

 


  世界最大の切手(Largest stamp)    実逓カバー(Covers) 


  世界の変った切手たちへ戻る