フジャイラ・月面着陸

(Fujeira,1972)

1972年に、フジャイラ(現在のアラブ首長国連邦の一部)が発行した、アポロ月面着陸を描いた切手は、当時、多くの切手商が「世界最大の切手」として販売していました。しかし、サイズは82mm×147mmと、ルーマニアの1964年発行の切手(140mm×110mm)よりもかなり小さいものでした。


 

フジャイラ(Fujeira,1972)
(82mm x 147mm)

 

 


  ルーマニア・大阪万博(Romania,1970年)


  世界の変った切手たちへ戻る