1974年発行のセルフ糊切手(イギリス)
(British Self-adhesive stamps issued in 1974)

イギリスのセルフ糊シール切手の発行は、一般には1993年のものが最初とされています。しかし、それより20年前の1973年から1974年にかけて、セルフ糊シール切手が製造・使用されています。これは、Postally Valid Sheetsのプライベートオーダー制度("Stamping of Customers OwnMaterial" service)を利用して作成されたものです。この制度は、本来、切手付き封筒を作成するものであり、印面デザインは当時の切手付封筒と同じです。したがって、厳密には、これらは切手ではなくステーショナリーの一種に分類されると考えられます。
このセルフ糊シール切手のタイプは大きく分けて4つ有り、その内の1つは1973年度中に製造され、翌1974年2月10日(シェラレオネの世界最初のセルフ糊シール切手発行10周年の記念日に当たります。)に郵便に使用されました。

Officially, the first British self-adhesive stamp was issued in 1993. But there are Private-odered self-adhesive stamps made in 1973-74. These stamps were made by utilizing of "Stamping of Customers Own Material" service which was withdrawed in October 1973. Actually the service was for making "Stamped Envelopes", not for Stamps. So strictly speaking, these are a kind of "cut squares" of Stamped Envelopes.
4 types of private-odered self adhesive stamps are known. One of them was used for postage on Feb.10,1974 to celebrate 10th anniversary of Self adhesive stamps originally issued in Sierra Leone.


 

イギリス(Great Britain,1972-1974)

<Type I (Ordered by Derek Worboys)>
Made in 1973 and used on February 10,1974


 

<Type II (Ordered by Derek Worboys)>
Made in 1973 and used on June 19,1974



 

<Type III (Ordered by John Daynes)>
Made between June,1973 and October,1973



 

<Type IV (Ordered by John Daynes)>
Made between September,1973 and January,1974


 


  ワールドカップ2002記念の円形切手へ    実逓カバーの紹介 


  世界の変った切手たちへ戻る